ページの本文へ

Hitachi

日立評論

[写真]徳永 俊昭

特集「デジタルが導く金融イノベーション ―FinTech & Beyond―」監修

日立製作所
金融ビジネスユニット
金融システム事業部
事業主管

徳永 俊昭

FinTechというキーワードとともに,金融サービスを取り巻く情報技術(IT: Information Technology)やビジネスモデルが,かつて経験のないほど話題となっています。従来,金融ITといえば,銀行のATM(Automated Teller Machine)や店舗・インターネットにおけるカード決済などで身近に感じることはあっても,銀行合併に伴うシステム統合などのマスコミ報道などは,一般消費者の方が興味を持って受け取ることは少なかったと考えます。

しかし,近年のFinTechスタートアップ企業によるスマートフォンなどを通じた利便性の高い金融サービスの登場は,金融サービスに対する消費者の意識に大きな変化をもたらし,既存の金融機関も関係プレイヤたちを巻き込みながら,これまでにないサービスイノベーションに向けた動きを活性化させました。さらにこれを後押しする形で,政府や官庁による規制緩和や標準化などの環境整備も並行して進められている状況です。

一方,デジタル技術の進展は「第4次産業革命」と呼ばれる潮流を引き起こし,グローバル規模での革新や競争がさまざまな分野で始まりました。これはやがて社会全体を巻き込み,「Society 5.0」と呼ばれる大きな社会の変革へと発展すると考えられています。

日立グループは,これまでも国内外の金融機関のお客様に対し,高品質なプラットフォーム製品や,ミッションクリティカルな情報システムの構築,さらには各種ソリューションなど,さまざまなITサービスをご提供してきました。また,今日では,「FinTech」と「デジタライゼーション」の潮流を捉え,「デジタル金融イノベーション」として新たな取り組みを進めています。

本特集では,日立が考える,(1)先端デジタル技術が導く金融イノベーションの姿とはどのようなものか,(2)このイノベーション創出のための顧客協創と金融ビジネス効率化に向けたデジタル活用の施策,そして(3)デジタル金融イノベーションを支えるプラットフォーム像について紹介いたします。なお,各論文は,事例や確立した技術の紹介よりも,日立の持つ技術やノウハウ,あるいは幅広いお客様との「つながり」をデジタル金融イノベーションとしてどのように活用し,実現していくべきかといった観点での「仮説」提示に重きを置いた内容としています。

ぜひ本特集をご覧いただきました皆様のご意見を賜り,「デジタル金融イノベーション」の実現に向けて,皆様と一緒に取り組んでいければと考えております。