日立評論

From the Editor

ページの本文へ

Hitachi

日立評論

[写真] 内山 倫行

特集「電力・エネルギーソリューション」監修

日立製作所 電力システム社
新事業開発推進本部
研究開発企画部
部長

内山 倫行

再生可能エネルギーや水素の利用拡大,人口集中が進む都市部への電力供給などの世界共通の課題に加え,電力システム改革やインフラ老朽化など国や地域で異なる課題が 顕在化しており,電力・エネルギー市場を取り巻くビジネス環境は大きく変化しています。

日立グループはこれまでに培った電力システム技術と実績をもとに,IT(Information technology)を駆使してさまざまな課題をお客様とともに解決するソリューション提案型の事業を推進することで社会に貢献していきます。

本特集では,このような電力・エネルギーソリューションにおける日立グループの取り組みの一端を紹介します。「一家一言」では,東京大学大学院新領域創成科学研究科 の横山明彦教授に電力・エネルギー分野におけるスマート化について寄稿していただきました。「Technotalk」では,環境保全,経済効率性の向上,電力の安定供給などのエネルギー分野の重要課題に対して,日立グループが取り組んでいる技術開発やソリューション事業の現状を俯瞰(かん)するとともに将来像について展望しました。

論文では,国内で進められている電力システム改革について,広域系統運用を支える広域機関システムおよび自励式直流送電システム,小売り全面自由化に対応した電気事業者向けソリューションへの取り組みをご紹介しました。また,海外のお客様との協創による事例として,蓄電システムを用いたアンシラリサービスや広域保護制御システムによる系統安定化ソリューション,ならびにスマートグリッド実証事業の概要とそれらを支えるIT基盤についてご紹介しています。さらにエネルギーミックスへの取り組みとして,5 MWダウンウィンド風車の実証試験と洋上ウィンドファーム向け浮体式変電設備の開発,原子力発電の安全性向上技術に焦点を当てました。このほか,日立の強みであるITを活用したソリューションの事例として,データマイニング手法による機器の異常予兆診断技術を核とした設備高度保全サービス,種々の電力プラントの新設・リニューアル・保守などに関わるエンジニアリングを最新のITで高度化する取り組みに関する論文を掲載しています。

本特集を通して,電力・エネルギー分野における日立グループの技術やソリューションが,皆様のご参考となりお役に立てれば幸いです。