日立評論

日立評論とは

ページの本文へ

Hitachi

日立評論

日立評論は、イノベーションを通じて社会課題に応える
日立グループの取り組みを紹介する技術情報誌です。

今日、私たちを取り巻くビジネス環境はグローバルに変化し、複雑化・多様化の一途を辿っています。一方、革新的なデジタル技術の登場が、生産性の飛躍的な向上や、人々のより豊かな暮らしを実現しようとしています。

このように不確実性と新たな兆しが混在する時代の中、企業が社会に価値を提供していくためには、多くのステークホルダーとの対話による創造、すなわち課題解決における協創が欠かせません。日立グループは、協創とLumadaを活用したデジタルソリューションによる社会イノベーション事業に取り組み、社会価値・環境価値・経済価値の創出と人々のQoL向上をめざしています。

2018年に創刊100周年を迎えた日立評論は、時代と共に編集方針や誌面構成を変化させてきましたが、日立の技術者・研究者自身の執筆による論文を主とする形態は一貫しています。誌上を対話と議論のための場にするという創刊時の思いを脈々と受け継ぎながら、社会イノベーションの進化に向けて新たな挑戦を続ける日立グループの「今」を伝えていきます。

創刊は日立製作所の創業から8年後の1918(大正7)年で、日本の製造業最初の定期刊行物です。

歴史を知る

日立評論100年の軌跡

本誌を扱う取次店

  • 株式会社オーム社
  • https://www.ohmsha.co.jp/
  • 〒101-8460
  • 東京都千代田区神田錦町三丁目1番地
  • 電話(03)3233-0641(代)
  • 振替口座 00160-8-20018
「日立評論WEBサイト」のコンテンツ(文章、図表、画像、写真)の著作権は、日立評論社(日立製作所 グローバルブランドコミュニケーション本部 コーポレートデジタルコミュニケーション部)に帰属します。
「日立評論WEBサイト」内の情報は、冊子発行時またはコンテンツ公開時のものです。